Blender:Screencast Keys/キー操作を表示するアドオン

当ページのリンクには広告が含まれています。

YoututbeなどでBlenderのモデリング紹介の動画を見ると、を見ることがあると思います。

実はこれ、Blenderに標準搭載されているアドオンではなく、外部からインストールすることで使用できるアドオンなのです。

Screencast Keysというアドオンで、無料でダウンロードすることができます。

今回はScreencast Keysについて紹介します。

目次

Screencast Keys

Githubからダウンロード

nitti/Screencast-Keys

まずはアドオンをダウンロードします。こちらのGithabからダウンロードしてください。

ダウンロードするのは赤枠で囲われた.zipとなります。

最新のヴァージョンをダウンロードすることをオススメします。
2022年12月23日の時点ではVersion 3.8が最新でした。

アドオン(Screencast Keys)をインストールする

Githubから「Screencast Keys」をダウンロードしたら、Blenderにインストールしましょう。

編集>プリファレンスからウィンドウを表示します。

左の項目からアドオンを選択し、右上のインストールをクリックします。

その後ダウンロードしたzipファイルを選択しインストールします。

インストール後は「Screen」と検索するとScreencast Keysのアドオンが出てきますので、チェックを付けてアクティブにします。

CHECK

ダウンロードしたアドオンはzipのままで大丈夫です。この状態でインストールを行います。

ビューポート上で「N」を押し右側のタブに「Screencast Keys」が追加されていればインストールは完了です。

Screencast Keysの使い方

最後に使い方を紹介します。1番上の赤枠で囲われている所のチェックを入れます。
すると左下(僕の場合)にマウスのアイコンが表示される思います。

CHECK

出ない場合はオブジェクトを選択して何か操作をしてみましょう。これでアイコンが出ます。

これでScreencast Keysが使えるようになります。以降では各種機能を紹介します。
数が多いので分割しています。

項目機能説明
カラーアイコンと文字の色を調整
文字の下に影を表示
背景アイコンと文字の下に単色の下地を表示
フォントサイズ文字のサイズを調整
余白マウスと文字の間隔を調整
ですが位置も移動するので基本的には0で良いと思います。
ライン幅マウスアイコンのラインサイズ調整
Mouse Sizeマウスアイコンのサイズを調整できます。
項目機能説明
Originアイコンの表示場所を調整
Alignどこを原点にするかを調整
オフセットアイコンの位置を調整
Display Time操作したキーの表示時間を調整
Max Event History操作履歴の表示数を調整
Repeat Count直前で同じキー操作をした際に×2、3、4と表示
項目機能説明
Show Mouse Eventsマウスアイコンの表示/非表示
Show Last Oparetor最後に操作した内容の名称を表示
ExperimaentalOFFにしておきます。
説明を見ると使用するとブレンダーが不安定になる可能性があるらしいです。

オススメの本

モデリングからテクスチャ、ウェイト、ライティングやレンダリングまで一通りを学ぶことができます。

手順や各種機能についても説明がされていて分かりやすい参考書となっていました。

SHOP

BOOTH
-マナベルCG 出張所-

マナベルCGではBOOTHにて、アセットショップ「マナベルCG 出張所」を開設しています!

テクスチャもpsd付きで販売していますので、是非とも足を運んでみてください!

まとめ

動画や講習で人に教えるという方にはオススメのアドオンだと思います。

Twitterも運営していますのでフォローしてくるとうれしいです。
記事投稿のお知らせもしていますのでよろしくお願いいたします。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

使用バージョン

ここの記事で使用しているのはBlender3.3.0となっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲーム会社所属の3DCGデザイナーです。
自分も学べて、見てくれる人も学べるようにとブログを開設しました。

現在はBlenderについて様々な機能やチュートリアル動画を紹介しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次