Blender:テクスチャの貼り付け方

当ページのリンクには広告が含まれています。

ここではBlenderでモデルにテクスチャを貼り付ける方法を記載しています。

目次

テクスチャの貼り付け方

モデルにマテリアルを適応する

モデルにテクスチャを貼り付けるには、そのモデルにマテリアルを適応しなくてはなりません。
今回はBlenderを起動したときデフォで出ているCubeを使って説明していきます。

マテリアルの設定
  1. マテリアルプロパティを選択します。
  2. マテリアル名を自分の好きな名前に変更します(今回はM_Woodとしました)。

テクスチャの貼り付け

01.テクスチャの貼り付け設定
  1. ベースカラーの丸い点を左クリックします。
  2. 画像テクスチャを選択します。
02.テクスチャの貼り付け設定
  1. 開くをクリックし、Blenderファイルビューを表示し貼り付けたい画像を選択します。
  1. 選択をしたらワークスペースから「Shading」、もしくは左上の「3Dビューのシェーディングで右から2番目のマテリアルプレビューモード」にしましょう。
左:Shading 右:マテリアルプレビューモード
  1. すると画像が貼り付けられていることが分かります。
  2. これでテクスチャの貼り付けができました。

オススメの本

モデリングからテクスチャ、ウェイト、ライティングやレンダリングまで一通りを学ぶことができます。

手順や各種機能についても説明がされていて分かりやすい参考書となっていました。

SHOP

BOOTH
-マナベルCG 出張所-

マナベルCGではBOOTHにて、アセットショップ「マナベルCG 出張所」を開設しています!

テクスチャもpsd付きで販売していますので、是非とも足を運んでみてください!

まとめ

以上テクスチャの貼り付け方でした。
もっとクオリティを上げたい場合はノーマルマップや質感に合わせたマスクテクスチャを適応するのですが、それは別の記事で上げていこうかと思います。

Twitterも運営していますのでフォローしてくるとうれしいです。
記事投稿のお知らせもしていますのでよろしくお願いいたします。

今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

使用バージョン

ここの記事で使用しているのはBlender3.0.0となっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲーム会社所属の3DCGデザイナーです。
自分も学べて、見てくれる人も学べるようにとブログを開設しました。

現在はBlenderについて様々な機能やチュートリアル動画を紹介しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次