Blender:UVを歪ませずに編集する

当ページのリンクには広告が含まれています。

BlenderでUVを展開した後にやっぱりここの頂点を動かしたいとなった時、そのまま動かすとテクスチャが歪んでしまい、またUVを修正しなくてはなりません。

ですが、実はBlenderにもUVが歪まないよう保持しながら動かす方法があります。

今回はUVを歪ませずに頂点を動かす方法について紹介します。

目次

UVを保持したまま編集

オプション

オブジェクトを選択し、編集モードにします。

右上にあるオプション(もしくはツールのオプション)を開き、

トランスフォームの「面の属性を修正」「つながりを維持」にチェックを入れます。

この状態で頂点を動かしてみるとテクスチャが歪まずに編集ができました。

例では地形を使って編集していますが、このようなときには必須と言ってもいいですね。(ブレンド具合も調整できますし。)

UVの方も見てみると歪まないように編集されています。

これでいつでUVの修正を考えずに修正ができます。

CHECK

ほぼほぼこの機能を使うことで歪まずに編集できますが、限度もありますのでその際は手動で修正してください。

頂点をスライド(Gを2回押す or shift+V)

頂点を選択してGを2回(もしくは「shift + V」)押すと辺に沿って頂点が移動します。

これを使って移動するとUVを保持したまま編集ができます。

自由度で言えば辺に沿って移動しないといけないので少し制限があるかもしれませんが、先ほどのオプションの設定をしなくてもいいのでこちらの方が楽といえば楽です。

地形だとこっちの方がいいかもしれません。

オススメの本

モデリングからテクスチャ、ウェイト、ライティングやレンダリングまで一通りを学ぶことができます。

手順や各種機能についても説明がされていて分かりやすい参考書となっていました。

SHOP

BOOTH
-マナベルCG 出張所-

マナベルCGではBOOTHにて、アセットショップ「マナベルCG 出張所」を開設しています!

テクスチャもpsd付きで販売していますので、是非とも足を運んでみてください!

まとめ

MayaにもUVを保持という機能がありますが、Blenderにもこのように同じ機能があります。

使用用途は多くありますが、UV展開した後にトポロジーの修正したいときや、上記の例でもあったように地形のムラを修正するときになど多くの場面で活躍する機能です。

Twitterも運営していますのでフォローしてくるとうれしいです。
記事投稿のお知らせもしていますのでよろしくお願いいたします。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

使用バージョン

ここの記事で使用しているのはBlender3.5.0となっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲーム会社所属の3DCGデザイナーです。
自分も学べて、見てくれる人も学べるようにとブログを開設しました。

現在はBlenderについて様々な機能やチュートリアル動画を紹介しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次