便利なソフト:NVIDIA Canvas/色分けで実写風に仕上げる!

当ページのリンクには広告が含まれています。

「NVIDIA Canvas」というNVIDIAが公開しているソフトがあります。

これはAIを使用して単純なべた塗を認識して、背景画像に素早く変換してくれます。

つまりは色を塗るだけで瞬時に背景画像を作ってくれるすごいソフトなのです!

何と言ってもこのソフト、現在ベータ版ということもあってか無料でダウンロードできます!

今回はNVIDIA Canvasについて紹介します。

目次

NVIDIA Canvas

実演

上の動画で実演してみました。本当に色を塗るだけで背景画像が作成されていきます。

左右の画面どちらからでも塗れます。

右にはブラシで塗るマテリアルが20個

バリエーションは1バリエーションにつき9つあり、それが10あるので計90種類

さらにレイヤー分けもできます。

操作方法

操作方法は下記のリンクに記載されているので、今回は保存とエクスポートの紹介に止めたいと思います。

https://www.nvidia.com/en-us/studio/canvas/user-guide/

保存

上のフロッピーのアイコンから保存ができます。

エクスポート

赤枠でカッコわれたアイコンからエクスポートできます。

pngとpsdでエクスポートできます。ですのでPhotoshopで開くことができます。

ちなみにPhotoshop開くと右の画像のように、べた塗と背景画像のレイヤーに分かれています。

ダウンロード

下記のリンクからダウンロードページに進めます。

https://www.nvidia.com/en-us/studio/canvas/#sys-req

システム要求(HP記載内容)

GPUNVIDIA GeForce RTX、NVIDIA RTX、または TITAN RTX GPU
Hard DriveSSD
OSWindows10(Windows11でも問題なく使えました)
DriverGeForce RTX 40 シリーズの場合は 520 以降
その他すべての GPU の場合は 471.68 以降

SHOP

BOOTH
-マナベルCG 出張所-

マナベルCGではBOOTHにて、アセットショップ「マナベルCG 出張所」を開設しています!

テクスチャもpsd付きで販売していますので、是非とも足を運んでみてください!

まとめ

色を塗るだけでこんなにも簡単に、しかも素早く背景画像を作れるソフトが無料で使えるなんてすごすぎます!

もう自作の背景を作る際のコンセプトアートはこれでいいかもしれませんね。

NVIDIA Canvasで描いてイメージを固めてしまい、背景を作成していきたいです。

まだ屋外の自然物のみですが、建物や小物なども作成できるようになれば、いよいよ自主作成のコンセプトアートはこれで決まりかもしれませんね。

Twitterも運営していますのでフォローしてくるとうれしいです。
記事投稿のお知らせもしていますのでよろしくお願いいたします。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲーム会社所属の3DCGデザイナーです。
自分も学べて、見てくれる人も学べるようにとブログを開設しました。

現在はBlenderについて様々な機能やチュートリアル動画を紹介しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次