Blender :フェイクユーザー/孤立データを残す

当ページのリンクには広告が含まれています。

Blenderは未使用のデータ、つまりはどこにも紐づけられていないデータはシーンを閉じると保存されず自動的に削除します。

データを自動的に軽くしてくれるという面では便利なのですが、残しておきたい場合でも削除してしまうのでそこが難点です。

フェイクユーザーはマテリアルやテクスチャなどにフェイクユーザー、つまりは偽の利用者を付けることで削除されないようにしてくれます。

今回はフェイクユーザーについて紹介します。

目次

フェイクユーザー

フェイクユーザーとは

冒頭でも記載しましたが、どのデータにも利用されていない孤立したデータにつけることで自動削除されないようにする機能のことです。

孤立データはクリーンアップやシーンを閉じたときに削除されてしまうので、これを防いでくれます。

マテリアルやテクスチャだけでなく、スカルプトのブラシにも使用されています。

孤立データの見分け方

名称の左側に0と付いている物が孤立データです。

またアウトライナーから孤立データだけを表示することができます。その際に表示されているものが孤立データです。

画像ですとテクスチャやブラシ、マテリアルに孤立データがあるのが分かります。

ブラシを見ると数値も出ています。これは孤立データの個数を表しています。

フェイクユーザーの付け方

画像の盾のようなアイコンをクリックすることでフェイクユーザーの付与ができます。アイコンが青くなりチェックが付けばOKです。

再度アイコンをクリックすればオフになります。

アウトライナーからも付けることができます。

各項目を開いてみるとブラシのフェイクユーザーはオンになっており、テクスチャをマテリアルはオフになっています。

ここでも盾アイコンをクリックするとONにできます。

CHECK

ブラシのデータはデフォの物ではなく、外部からダウンロードしてきたものです。

孤立データの削除

孤立データの削除についてもここで記載して置こうと思います。

シーンを閉じる、
もしくはファイル>クリーンアップから6つの内どれでもいいので選びます。(今回は1番上の未使用データブロックを選びました。)

③の項目が出るのでクリックします。するとフェイクユーザーが付けられていない孤立データは削除されました。

オススメの本

モデリングからテクスチャ、ウェイト、ライティングやレンダリングまで一通りを学ぶことができます。

手順や各種機能についても説明がされていて分かりやすい参考書となっていました。

SHOP

BOOTH
-マナベルCG 出張所-

マナベルCGではBOOTHにて、アセットショップ「マナベルCG 出張所」を開設しています!

テクスチャもpsd付きで販売していますので、是非とも足を運んでみてください!

まとめ

Twitterも運営していますのでフォローしてくるとうれしいです。
記事投稿のお知らせもしていますのでよろしくお願いいたします。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

使用バージョン

ここの記事で使用しているのはBlender3.6.0となっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲーム会社所属の3DCGデザイナーです。
自分も学べて、見てくれる人も学べるようにとブログを開設しました。

現在はBlenderについて様々な機能やチュートリアル動画を紹介しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次