Unity:移動・回転・スケールを一定単位で変更する

当ページのリンクには広告が含まれています。

Unityでオブジェクトの移動・回転・スケールを一定単位でスナップさせて変更させたいときがあると思います。

今回はオブジェクトをスナップして変更する方法について紹介します。

目次

スナップ/一定単位で変更

スナップ方法

オブジェクトを選択してctrlを押しながらギズモを左クリックでスライドします。

InspectorのTransformを見ると一定の単位で数値が変わっています。

CHECK

ギズモはオブジェクトを選択したときに矢印などのことです。

スナップ単位を変更

Increment Snappingからスナップする単位を変更できます。

Move/移動・Rotate/回転・Scale/拡縮となっており、Moveのクリップアイコンを押すとXYZそれぞれを個別でスナップ単位を変更できます。

複数のオブジェクトをスナップ

この機能のいいところは複数のオブジェクトも一括でスナップできることです。

SHOP

BOOTH
-マナベルCG 出張所-

マナベルCGではBOOTHにて、アセットショップ「マナベルCG 出張所」を開設しています!

テクスチャもpsd付きで販売していますので、是非とも足を運んでみてください!

まとめ

スナップはキリのいい単位で機械的に配置をしたいときに

Twitterも運営していますのでフォローしてくるとうれしいです。
記事投稿のお知らせもしていますのでよろしくお願いいたします。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

使用バージョン

ここの記事で使用しているのはUnity2022.2.1f1となっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲーム会社所属の3DCGデザイナーです。
自分も学べて、見てくれる人も学べるようにとブログを開設しました。

現在はBlenderについて様々な機能やチュートリアル動画を紹介しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次